土地購入の際の注意点

土地購入の際に最も注意して欲しい
ポイントの1つは、境界が明確に
なっているかどうかということです。

新しくできた分譲地を購入する際は、
境界ポイントも現地にきちんと明示
してあるので問題ありませんが、
昔からある宅地や、宅地以外の土地を
購入する際は、境界がはっきりして
いない場合がとても多いです。

そのことに購入者が気付くのは、
家を建てる時ではなく、家が建ち
終わった後の外構(お庭)工事を
する時です。

特に、隣地との間にブロックを
積んだりする場合を想像してもらえ
たら良いと思いますが、境界が明確で
ない場合は隣地の方の同意が必要に
なったり、同意が得られない場合は、
自己所有の土地側に控えてブロックを
積んだりするようになるでしょう。

人の記憶は曖昧なので、以前から
住まわれている隣地の方々と交渉
してもなかなか上手く話は進まない
ので、結局は妥協することが多い
ように思います。

自分が購入した土地を、購入した土地の
面積のまま最大限生かしたいと考えるので
あれば、必ず境界をはっきりさせてから
土地購入することを心掛けてください。

最初にしておかないと、後戻りはできない
ので注意しておきましょう。